カテゴリー別アーカイブ: 慢心

セクスティングが無料

オナ電が無料だから出会い系で知り合った女性と頻繁に楽しんでいました。俺は既婚者だから直接会うと浮気になる。だから、オナ電が無料だからこそ車や妻にバレないところで楽しむのが俺にとっての楽しみでした。
今日は仕事が早く終わり、家にこのまま帰るのはもったいないからオナ電で楽しもうかなと思っていました。そして相手の女性をサイトで見つけた時、女性はまだエッチの経験もない。性に興味があるからオナ電をしたことが分かりました。俺がオナ指示をしながら女性は恥ずかしそうにやる姿がとても良かった。そして、
セクスティング
「俺におっぱい見せてごらん。」と指示すると恥ずかしがりながら見せてくれました。ピンク色の乳首がとても綺麗。妻は子供を産んでから垂れた乳になってしまったからさらに良かった。もう実際に会ってやりたくなってくる俺。ダメ元で今度会ってやってみると誘ってみました。すると、女性は「いいよ。」驚きました。理由を聞くと「好きな人はいないし、やるなら知っている人がいいし、ここであなたと出会ってとても優しい人だと思うから。」と、言ってくれました。嬉しかったです。さらに駄目元でこの後会うかと尋ねると女性から「いいよ。」と言われました。女性は今俺がいるところからすぐ近くに住んでいることもわかり迎えに行きました。仕事が早く終わったことが本当に嬉しいと思った瞬間でした。
そして、待ち合わせ場所に女性がいました。さっきまで電話で話していたのにすごくお互いが緊張をしました。俺は最後に本当にいいのと尋ねると女性は「はい。」と、言ってくれました。
チャットエッチ
オナ友募集

プチ援

プチ援の仕事をしようと思ったけど、土壇場で逃げ出したことがある。
知り合いの知り合いみたいな人から、プチ援紹介されたんだけど、その知り合い、私のことを勘違いしてたみたいで・・・
つまり、個人で援交してるような子だと思いこんでたみたいなんだよね。
それで「仕事紹介してあげる」みたいなこと言われて、何度か会って、それでプチ援紹介されたんだけど・・・
面接みたいなの受けて、それでプチ援って分かってたけど、なんかハッキリ断れなくてさ。
それで実際お客さんのところに派遣されたんだけど、やっぱり土壇場で怖くなって逃げ出したの。
もう怖かったよぉ。
ヤクザ絡みだったらどうしようって、一週間くらいは家に閉じこもってた(笑)
プチ援助交際
ほとぼりが冷めてから、その仲介した人に連絡して「実は、プチ援だったから逃げてきた」って報告したら、笑われた。
「いいよいいよ、向こうもそういうの慣れてるだろうし。俺も、プチ援とは知らなかったから、怖い思いさせてごめんね」って謝られた。
そもそも、仲介したお前が私のことを援交してる子って紹介したんだろ!って怒りもあったんだけど、笑って許してくれたから、そのまま。
まぁ、それから付き合い方は変えたけどね。
援交してる子なんて思われて、プチ援に紹介されて、危うく取り返しのつかないところまで行っちゃうところだったもん。
私が申し訳ないとか思う必要一切なかったしね。
けど、私が悪いわけじゃないけど、謝るとか、その場の空気を読むとかさ、社会的に必要なスキルではあるよね。
後引きずって、思いだすとまた腹立つという弊害はあるけど。
プチ円
プチ援