月別アーカイブ: 2020年1月

オナ指示

常時接続が当たり前になった上に、無料通話アプリみたいなものが出てきてさ。エロ界隈も変貌を遂げたよね。
今の俺を作ってくれたのは、間違いなくエロチャットだ。接続はダイアルアップ、課金はテレホーダイなんて時代の頃からだよ。テレホーダイことテレホは夜の11時から定額になるから、それまではインターネットに接続せずにじっと股間を堪えていた。
チャットと言ってもWebベースのテキストチャットだよ。CGIなんて言う当時の技術でさ、リアルでテキストがWebに反映されるのが画期的だったね。
当時はみんな同じような状況だからさ、11時を回るとエロチャットサイトが活気づいてくるわけよ。俺も仕事休みの時は、テレホの定額が終了する朝の8時までエロチャットしていたこともあるな。入れ変わり立ち変わり誰かが入ってくるから飽きないんだよ。そして、オープンチャットでうまく話がまとまれば、鍵付きのツーショットチャットに入るわけ。
テレフォンセックス
ツーショットになると、俺はひたすらオナ指示していたなあ。「股に手を当ててクリっとするところを探してごらん」「こ・・・こうかな・・・」なんてテキストでやり取りするんだ。ログが残っていて公開されでもしたら、俺の人生が終わってしまうくらい恥ずかしいことは言ってたね。
今と比べたら回線が重いし、何人も入ってくると負荷に耐えられずにサーバーが落ちたりした。だから、女の子にオナ指示をしながら俺もリアルでチンコをしごいているのに、サーバー落ちでピタッと返事が来なくなったりした時は、このチンコをどうしてくれるんだ?と空しくなったりしたのも笑える思い出だね。
今では俺も時代の波に乗って、LINEやらSkypeとかでエロトークすることはあるよ。でも、当時の興奮とは何か違う気がする。もちろん、今の方が回線が速い分、反応も速いのだけど、あっさりしすぎる感があるんだよね。早漏気味なトークになっちゃうわけよ。
重いサーバーでじっと相手の反応を待ちながら、次のオナ指示の一手を考えている時の興奮は、きっと、あの時代の環境じゃないと味わえないものなんだよね。
無料でオナ電をする
テレフォンセックス

お金の無償支援

お金の無償支援を好きな佳奈ちゃんにやっています。出会いはネットゲーム。彼女はアイドルを目指していました。日々のレッスンが忙しいと言っていましたが知り合って1ヶ月後に会うことが出来ました。アイドルを目指しているだけあってとても可愛かった。何故私と会おうと思ってくれたのかと尋ねると「初めは会うつもりはなかったけれど、ゲーム最中のやりとりであなたの事が気になってきて会ってみたいと思ったの。」と、話してくれました。私の見た目はどちらかというとブサイクゾーン。こんな私と会って後悔していないかと伝えると「会ってよかったよ。楽しいし。また会おう。」と、言ってくれました。
ところが、再び会う約束をしましたがレッスンやバイトで忙しくなかなか会えないと言われました。しかも、オーディションで落ちたからますますレッスンの時間を増やさないといけないし、その分バイトは稼げないから生活がやばいという佳奈ちゃん。俺はそんな佳奈ちゃんを助けてあげたいと思い、お金の無償支援をしてあげました。私自身の仕事はIT関係。かなり儲かっています。だから佳奈ちゃんの役に立てるかなと思い、彼女がアイドルになる協力をしてあげました。
お金を無償支援しますという人がいるという噂を聞いて始めたパパ活
しかし、お金を受け取った日。三ヶ月ぶりに佳奈ちゃんに会えて嬉しかったのにそれ以降レッスンが忙しくて会えないといいます。しまいには佳奈ちゃんがお金を催促して渡す日の時以外会ってくれなくなりました。お金目的以外は私と会ってくれないのかなと不安になってきましたが、佳奈ちゃんにそれを伝えると「お金目的じゃないよ。もうすぐオーディションだからごめんね。終わったらゆっくり会おうね。」そんな佳奈ちゃんの言葉を信じていいのか不安です。
フェラが気持ちいい
生フェラ